トップへ戻る    木綿・工房   打ち直しをする

収穫前の木綿わた
        コットンは人と地球にやさしい天然素材です
日光に干せばふっくら、だからコットンはきもちいい
当店の木綿わたは、綿花の産地インド・メキシコよりふとんに適した、良質の原料をふとん用に製綿し、良質の製品を、お安く提供させて頂いております。 
わたふとんのQA
Q、 もめんふとんの特徴は何ですか?
A、 木綿わたは吸湿性、保温性に優れ、復元力に富んでいます。
 
また、木綿の繊維は、細い繊維がパイプ状に穴が空いているため、水分を沢山吸い込み、尚、かつ天然のよじれを持っているため.、湿度を含むと繊維が伸びてへこみますが、日干して乾燥すると繊維のよじれが戻りふっくらします。

繊維の中でも最も優れた回復力を持っているのが木綿のわたです。

また、寝返りのしやすい適当の硬さとクッション性を持っているため、寝返りがスムースに出来ます。敷ふとんには最適と思います。
Q、 もめんふとんを快適に使うための,お手入れ方法は?
A、 お天気の良い日の午前10時から午後3時位の間、4〜5時間、両面を天日で干して下さい。

   ふとん叩きで強く叩きますと、中わたの繊維がち切れてしまい回復力が無くなり 又、側地が破れやすくなります。

   表面のほこり等を大きめのブラシで優しく軽く払って下さい。又は、掃除機で吸い取れば万全です。

    干して膨らまなく成ったふとんは打ち直しをする時期に来ています。 
 「人生の1/3はふとんの中」です快適に使用するには、
    毎日使っている敷ふとんで
35年位、掛ふとんで5〜8年位です。
打ち直し 新規の敷ふとん見積 へ 新規の掛ふとん見積へ
ベビー・ジュニア掛ふとん見積へ ベビー・ジュニア敷ふとん見積へ
トップへ戻る